Profile19 of bunkanokaze

プロフィール

横山奈加子  Nakako Yokoyama (ヴァイオリン)

 桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、同大学ソリストディプロマコース終了。この間、江藤アンジェラ、江藤俊哉の各氏に師事を受ける。 
 1991年 第60回日本音楽コンクール第3位。1992年 第5回日本国際音楽コンクール奨励賞。1994年第10回チャイコフスキー国際コンクール第5位入賞。その後、新日鉄プロミシング・アーチスト・シリーズで紀尾井ホールにて、リサイタルを行い好評を博す。 
 毎日新聞社主催の全日本学生音楽コンクールの審査員なども務めている。

奈加子の写真(篠原撮影 040.jpg

松実健太 Kenta Matumi(ヴィオラ)

 桐朋学園大学を経て、英国王立音楽院を首席卒業。 1994年、英国ターンブリッジウェルズ国際コンクール弦楽器部門優勝。 第5回ライオネルターティス国際ヴィオラコンクール(英国)第2位と特別賞を受賞。 現在、日本を拠点に欧米でも活躍、国内では様々な音楽祭等に参加している。 NHK-BS 「クラシック倶楽部」、「ぴあのピア」などに度々出演している。 ソロCDをこれまでに4枚リリース、いずれも好評を得ている。 2001年、英国王立音楽院よりアソシエイトの称号(ARAM)を授与される。 2006年第9回ライオネルターティス国際ヴィオラコンクールの審査員を務めた。 現在、昭和音楽大学、東京学芸大学などで後進の指導にもあたっている。 昭和音楽大学所蔵のヴィオラ 「F,ゴッフリラ」 を貸与されている。2018年第4回高松国際ピアノコンクールセミファイナル室内楽奏者。

健太さん写真2.jpg

唐津 健 Ken Karatsu(チェロ)

桐朋学園高校音楽科を経て、英国王立音楽大学を首席で卒業。在学中、最優秀の生徒に授与されるバリーマニロープライズ、ミュリエル・テイラー・チェロコンクール第2位入賞。その後、文化庁芸術家在外研修員として渡米し、ニューイングランド音楽院修士課程を名誉賞付きで修了。帰国後は、カザルス、王子、トッパンなど主要ホールでのリサイタルをはじめ、NHK-FMやNHK-BSなどにも多数出演。2007年には、日本初録音となる「ブリッジ、バーバー:チェロソナタ」をリリース。「レコード芸術」誌などで高く評価された。現在、桐朋学園「子供のための音楽教室」や、蓼科高原音楽祭などに講師として招かれ、後進の指導にも当たっている。

RGB_9537.jpg

佐々木京子 Kyoko Sasaki (ピアノ)

桐朋学園大学ピアノ科を卒業。ブリュッセル王立音楽院ピアノ科大学院課程修了。パリ国立高等音楽院大学院課程修了。ジャン・フルネ指揮 桐朋学園オーケストラと共演。チャイコフスキー国際コンクール最優秀共演者賞。マリア・カナルス国際コンクール第3位。スペイン<Guadamora>国際コンクール第1位。ヨーロッパではオランダ、ベルギー、スペイン、フランス等でのコンサートで活躍、またテグ(大邱)現代音楽祭(韓国)、第2回ソウル芸術祭等にメーンゲスト、ポーランド・ワルシャワ・ラボラトリウム国際音楽祭に招待される。文化庁・日本演奏連盟の東京文化会館でのピアノリサイタル、国内外の著名な演奏家との共演、ソロ、室内楽、朗読との共演、現代音楽、(財)地域創造「公共ホール音楽活性化事業」のアーティストなど多方面で活躍。桐朋学園大学嘱託演奏員。


35490016kyoko.jpg