Diary2 of bunkanokaze

  2010.3.25

NHKFM「名曲リサイタル」収録を見学

2010春コンサートに出演した富永佐恵子、佐々木京子が出演

ph090808.jpg写真は昨年8月放送された「名曲リサイタル」同じく春コンサートに出演した横山奈加子(前列右)と佐々木京子(後列中)(NHK名曲リサイタルHPから) 5月1日(土)19:20〜21:00 NHK-FMで放送予定の「名曲リサイタル」の収録があり、小雨模様のNHK509スタジオに100名程のお客様が聴きにこられました。出演者は文化の風・2010春コンサートにも出演した富永・佐々木、他にピアニストの高田匡隆(イタリア共和国大統領賞・シノーポリ賞」を日本人で初めて受賞)です。
 富永・佐々木は3曲演奏しますが、麻生市民館でも演奏したシューマンの幻想小曲集 作品73と、ラフマニノフ作曲 チェロソナタ ト長調 作品19から第1、第3楽章、ポッパー作曲 ハンガリー狂詩曲です。放送が5月のゴールデンウイークまっただ中ですが、ぜひFMラジオのスイッチを入れてみてくださ

  2010.3.23

ブログやらツイッターやら・・・そして五重塔

DSC01300s.jpg香林寺の五重塔○…Blogだ、Twitterだと、つい最近まで聞いたことのないような、辞書を見ると1行ですんでしまうような言葉がカタカナ英語になって侵入してくる(twitterというのは鳥のチチチという鳴き声だという)…それも、俺を知らないと時代の最先端に参加できないぞ、とでもいうような顔をして――これが“ICT時代”(これも最近Communicationという文字が入ったらしい)の“強引”で“横暴”な一面だ。
○…一国の首相が、この鳥のさえずりに飛びついて“ひとりごと”を書き連ね、それに反応したツイッターの書き込みで世間の声を聞くことにしたという。思いつきやいたずらのどうでもいい“さえずり”まで国民の代表的な意見とみるのだろうか。大名が民の声を聞くような、まことに拙劣、おそまつな発想というほかはない。根底に自信のなさとお任せスタイルがある。時代の先行きを見つめて国を引っ張ろうとする意欲がない。
○…みんなでやろうぜ、と言った政党の党首もいた。自らの見識のなさがありありで、そのリーダーシップの欠如ぶりが逆に気の毒になった。ここにも、ここは俺に任せろ、百万人といえどもわれ行かん…の気概が感じられない。
○…WIKIPEDIAの信頼性が揺らいでいるという。最近、いたずらやいいかげんな内容の投稿が目につく…というのだ。それはそうだろう、誰もが言いたい放題で参加できる百科事典なんぞ、成り立つわけがない。削除できる管理者が何人かいたとしても、チェックなどできるわけがない。みんなでやろう、というのはそのまま無責任体制になるという当たり前のことがわかっていない。
○…最近の風潮は『質』QUALITYをどう追求し、どう維持するかがないがしろになっている。新しければいい、と何にでも飛びつき、いち早く取り込むのが最先端だと心得る。そこには質こそ永続性を持ち、人々から支持されるという視点が欠けている。『質』こそ『文化』の発展・継承に通じることをしっかり認識しなければならない。浅薄であってはならない。我々のコンサートも『質』と『文化』を追求して行きたい。
○…五重塔のお祭りがあった。地域住民が地域開発のプール金で建設して20年。よみうりランドの観覧車が見える丘の上に建つ本格的なものだ(川崎市細山の香林寺、小田急新百合ヶ丘からバス)。五重塔の2階、3階の屋根からお札をまき、吉と書いてあればお菓子がもらえる。風にお札が舞う中、子供たちと争って拾った。いい年をして…と言われても仕方がない。でも楽しかった。なにより地元の人たちの地域を愛する心と、外から来た人をもてなす心が伝わってきた。ここには文化がある、と感動を覚え、そのホスピタリティに甘えた。                      (清水まさみ)

会員の独り言を掲載します。ご感想、ご意見をLinkIcon芸術の街研究会まで

  2010.2.22

2010春コンサートも無事に終了しました

P2211063.JPG
 お蔭さまで大ホールに大勢のお客様が来られクラシック音楽を楽しんで頂くと同時に、市民の皆様からも高いご評価を頂き成功裏に終了致しました。
 私たち市民グループは、香り高い文化の街で少しでも貢献できるよう活動を展開しております。とりわけ青少年からシニアに至るまで、市民同士が情操豊かに共鳴し合うことと考え、これからも音楽の街・芸術の街づくりに力を入れて行きます。

アンケートでも励ましの意見を多数頂きました

DSCN0129.JPG写真左から横山、吉村、佐々木、富永
 当日アンケートを書いて頂きましたが、99%の方から大変楽しめた、楽しめた、とのご評価を頂きました。
 コメントとしては「音楽の力を感じた力強く訴えるものがあり、心の豊かさとは何かを考えさせられた」「派手な装飾・照明などなく、実力・内容でのコンサートに大変好感を持てた」「解説はとても分りやすく勉強になった」などのお褒めの言葉を多く頂きました。
 また、「なぜこのようなレベルの高いコンサートを無料で出来るのか」とのご質問を頂いております。これも多くの地元企業様から貴重な協賛金を頂いて実施しているもので、重ねて御礼申し上げると同時に、引き続きのご支援をお願い致します。

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|

milk_btn_next.png